INFORMATION INFORMATION

2013年05月27日

質屋通い、なんて死語?

質屋3.jpg

質屋通い、なんて死語?
introducing 「人情紙風船」「おいしい結婚」

毎度のお運びで、有り難く御礼申し上げます。
「アラカン」と言いますと、映画ファンの方なら御承知だと思いますが、往年の時代劇スター「嵐寛寿郎」さんのことですが、近頃違う意味で流布してるそうですな。「アラウンド還暦」の略だそうで、アラフォーとかアラサーの親戚ってことで、驚きました。
私もアラカン世代なんですが、60歳前後のオヤジってのは平気で死語を使うもので、お若い方に聞かれますと完璧に年寄り扱いされます。

ですから、若い時分に質屋通いした、なんてうっかり口にできやしません。と言うのも、持ち込んだ質草を担保に金を借りるなんて従来の利用の仕方より、もっぱら夕方のTV・CMで喧伝してるように、高級ブランド品を買い取ってもらうのがメインだからです。
ところが、「偽装質屋」のニュースを拝見して驚きました。百円ショップで買ってきた腕時計を質草に十万円を貸し付けて法外な高金利を取り立てる、年金生活のお年寄りを狙った新手のヤミ金融です。従来のやり方を悪用したわけですな。

じゃあ、春歌(しゅんか)はどうかと思いまして、試しにパソコンで検索してみました。するとまたまた驚きました。漢字で打ち込むと、トップに「はるうた」が出てくるんですな。「春一番」とか「なごり雪」とか普通のヒット曲のことです。おまけに「はるか」なんて読み方でアニメのキャラクターまで出てきました。
いやはや、この調子だと、先日亡くなった大島渚監督の「日本春歌考」って映画の中で繰り返し歌われてる「ヨサホイ数え歌」なんか、お若い方はご存知ないのかもしれませんな。まあこんな歌です。

「七つ出たホイのヨサホイのホイ、質屋の娘とやる時にゃホイ――」

てなわけで、「質屋の娘」の一席お伺い致します。


続きを読む
posted by マンハッタン坂本 at 20:00 | Comment(0) | 映画全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。