INFORMATION INFORMATION

2013年06月17日

象使いについて書けなくても、象職人について書けるかもしれない。


イントレランス3.jpg

ホントのことを言うと、よく、しかられる。 PARTV

象使いについて書けなくても、象職人について書けるかもしれない。
introducing 「グッドモーニング・バビロン!」「イントレランス」

漢字の「象」は象形文字である。
この一文だけで「象」の音読みが二種類出てくる。
「新漢語林」によると、漢字の発音である字音は、呉音で「ゾウ」、漢音で「ショウ」という。
呉音って何? 5・6世紀に伝わった仏教言葉で、平安時代には、8・9世紀に伝わった漢音を正音としたのに対し和音ともいったらしい。

「象」という漢字は、代表的な象形文字である。成り立ちを見ていくと、いつの間にか後ろ脚二本で立っている。
不思議だと思いませんか?
中国人の祖先が初めて見たのがインド象なのかセイロン象なのかマレー象なのかスマトラ象なのか分からない。いずれにしろ、あの図体のでかい動物が立っている姿を見たわけではないと思う。
あるいは、象のマスクをしたローマ帝国の剣闘士でも見たのだろうか。

ハイホー、マンハッタン坂本です。
続きを読む
posted by マンハッタン坂本 at 00:00 | Comment(0) | 映画全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

ぼくが箱男になった理由。

箱男―The Box Man箱男―The Box Man

ホントのことを言うと、よく、しかられる。 PARTU

ぼくが箱男になった理由。
introducing 「真夜中のカーボーイ」「フィッシャー・キング」

日本の文章表現は世界一豊かだと思う。
世界共通の数字や記号や絵文字(?)を除いて、ひらがなやカタカナや漢字やローマ字など、少なくとも4種類の文字を使い分ける国民は、世界中どこを探してもいない。

ただ困ったことに、和語と漢語で表現できるのに、わざわざカタカナ語を使う。
NHKのニュースですら例外ではない。昭和一桁以前の年寄りには、いちいち説明しなくてはならない。電子辞書を携帯していないので、適当に答える。

都合のいいカタカナ語もある。80年代後半から使われ出した「ホームレス」だ。
1973年、純文学書き下ろし特別作品として安部公房が「箱男」を発表した頃、新聞は「浮浪者」と呼んでいた。路上生活者より差別的な言葉だ。
1971年に大ヒットしたシェールの「Gypsies,Tramps&Thieves」の「トランプ」も、1973年に公開された映画「スケアクロウ」でジーン・ハックマンが使っていたHOBO JUNGLEの「ホーボー」も、浮浪者の代わりに採用されなかった。

「箱男」の化粧箱の裏には日本国籍を取得したドナルド・キーン氏が絶賛する文章、表には安部公房自身のコメントが印刷されている。

「(ダンボールの箱にもぐり込む者が)不在証明を手に入れても、かわりに存在証明を手離してしまったことになる。匿名の夢である。そんな夢に、はたして人はどこまで耐えうるものだろうか。」

ハイホー、マンハッタン坂本です。

続きを読む
posted by マンハッタン坂本 at 00:00 | Comment(0) | 映画全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

病に花を贈りませう。

Freesia hybrides
Freesia hybrides / ARTESANIAFLORAE


ホントのことを言うと、よく、しかられる。 PARTT

病に花を贈りませう。
introducing 「叫びとささやき」「病院で死ぬということ」

死ぬまで元気でいたい。
だらだら長患いしたくない。苦しみながら臨終を迎えたくない。
どうせ死ぬならポックリいきたい。

そんな熱い想いに水を差す人は少ないと思う。
そう願っても、人生ままならぬもので、突然末期ガンを宣告されたりする。

「悟りといふ事は如何なる場合にも平気で死ぬる事かと思つて居たのは間違ひで、悟りといふ事は如何なる場合にも平気で生きて居る事であった」

苦しみながら死んだ正岡子規の言葉は重い。

運悪く病に倒れ、ポックリいきそうにない場合、病と仲良くするしかない。
自分の病に花を贈ってもいいじゃないか。

ハイホー、マンハッタン坂本です。

続きを読む
posted by マンハッタン坂本 at 00:00 | Comment(1) | 映画全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。