INFORMATION INFORMATION

2014年03月11日

それでもみんな生きていく。

R0021680
R0021680 / OKAMOTOAtusi


それでもみんな生きていく。
introducing 「友だちのうちはどこ?」「そして人生はつづく」

2011年3月11日14時46分、僕は「ショート・カッツ」の紹介ストーリーを書いていた。原作であるレイモンド・カーヴァーの短編小説「ささやかだけれど、役に立つこと」をメインとしたツギハギ・ストーリーである。
クローズ・アップする台詞は決まっていた。村上春樹が訳した原文はこうである。

「よかったら、あたしが焼いた温かいロールパンを食べて下さい。こんなときには、物を食べることです。(それはささやかなことですが、助けになります)」

日本の何処に居ようと、3・11の呪縛から逃れることは出来ない。
映画人は、映画を通して何ができるのだろうかと思い悩んだ。
行動力のある記録映画人は、震災直後の被災地や避難所にカメラを持ち込んで撮影を始める。
劇映画人は、製作を中断して3・11が存在する脚本に書き直しする。あるいは、3・11の影響を受けつつ能天気なダンス・シーンの段取りをつける。あるいは開き直って、悪人たちが殺し合う映画の準備を始める。

多くの映画人と同様に自分の無力さを感じつつ、映画製作のできない映画紹介屋の僕は、名作映画を紹介する。名作映画から学んだことを開陳するしかない術がないからだ。
今回は、地震前と地震後をテーマにしたイラン映画である。

ハイホー、マンハッタン坂本です。
続きを読む
posted by マンハッタン坂本 at 00:00 | Comment(0) | 映画全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。