INFORMATION INFORMATION

2014年04月21日

正しい圧力鍋の使い方。

圧力鍋.jpg

自選パロディ集セカンド・シーズン PARTT

正しい圧力鍋の使い方。
introducing 「アンタッチャブル」「ジョゼと虎と魚たち」

「銃・病原菌・鉄」でピュリッツァー賞を受賞した、ボストン出身の高名な進化生物学者ジャレド・ダイアモンド氏にインタビューを試みた。
   (注釈1)
―――1897年から毎年行われているボストン・マラソンで爆弾テロ事件が起こって一年が経ちました。当時、FBIのヤラセではないかと憶測が飛び交っていましたが、博士はどのようにお考えですか?
ジャレド 確かに私はボストン生まれのボストン育ちだがね。マラソンに関しては、過去6回も走った村上春樹氏に尋ねた方がよくないかね。
―――残念ながら「ニューヨーカー」の電子版に「私は、毎日走り続けることを通し、傷つき、命を失った人たちを悼む」なんて寄稿しちゃって、オバマ政権の発表を鵜呑みにしてるみたいです。
ボストンと言えば、1773年にアメリカ独立戦争の契機となったティーパーティー事件が起こったところですよね。歴史学者でもある博士の見解を是非お聞かせ願いたいのですが。
ジャレド あの事件は、ボストン市民が東インド会社の船を襲って1万5000ポンドのお茶を海中に捨てただけだが、その3年前に5人の犠牲者を出した「ボストン虐殺事件」が勃発したことを知らないのかね?
―――その中に一人だけ黒人がいて、独立革命のために命をささげた最初の黒人殉教者と言われてますよね。クンタ・キンテとかいう名前の――。
ジャレド それは「ルーツ」の登場人物だ。正しくはクリスパス・アタクスという男だ。だが彼は独立運動に関わっていたわけでも殉教者でもない。バハマから着いた捕鯨船を降りてボストンに上陸し、たまたま事件に巻き込まれて殺されただけだ。
―――つまり博士の見解としては、圧力鍋の爆発で犠牲となった中国人留学生は、たまたま巻き込まれただけだと?
ジャレド 1万3000年にわたる人類史から見れば些細な事件だがね。ただこれだけは言える。先進国の人々が資源やエネルギーの浪費を減らし、途上国の人々が消費水準を上げてバランスをとらない限り、テロや難民の問題はおさまらない。
―――著書の中で、「平均的なニューギニア人は平均的な白人に頭のよさでけっして劣っていない」と書かれていますが、彼らならボストンマラソン爆弾テロ事件をどのように解決すると思われますか?
ジャレド おそらく対立する者同士が集まり、お互いの痛みを共有するために食事会を開くと思うね。スイートポテトが出るにちがいない。
―――スイートポテトですか?
ジャレド サツマイモは広くニューギニアで栽培されているんだよ。それを使ってスイートポテトをつくるなら、圧力鍋がいい。

ハイホー、マンハッタン坂本です。

続きを読む
posted by マンハッタン坂本 at 00:00 | Comment(0) | 映画全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月01日

研修期間には気をつけろ!


白い巨塔1.jpg

研修期間には気をつけろ!
introducing 「ヒポクラテスたち」「海と毒薬」

4月ともなれば、たいていの新入社員が研修期間に突入する。会社の規模によりけりだが、ろくに仕事を教えてもらえないままいきなり現場に放り込まれる人もいれば、3ヶ月間みっちり基礎を叩き込まれた挙句に正社員に採用されない人もいるだろう。
新入社員にとって苦い思い出が残る期間となるにちがいない。

医療の世界に眼を向けると、臨床研修期間に突入しているのがレジデントである。そのまま研修医と言ってもいい。大学病院の総回診で、教授のうしろから金魚のフンのようにぞろぞろとくっついて回る白衣の連中といったイメージだ。
よく混同されるインターンは、国家試験の受験資格を得るために1年間無給で臨床実地研修をすることで、その制度は1968年に廃止されている。

昔のインターンを体験した「梅ちゃん先生」こと堀北真希の場合、歳の近い入院患者と仲良くなったり、研究論文を書いたり、とんちんかんな院内恋愛をしたり、呑んだくれ町医者の世良公則のもとでアルバイトするうちに開業医になる決心をしたりする。
臨床研修を実際に体験した人に言わせれば、そんなのんびりしたものではないはずだ。

ハイホー、マンハッタン坂本です。

続きを読む
posted by マンハッタン坂本 at 00:30 | Comment(0) | 映画全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。