INFORMATION INFORMATION

2014年10月27日

寄せ集めでも、何かの役に立てばいい。

space junk.jpg

寄せ集めでも、何かの役に立てばいい。
introducing 「アポロ13」「七人の侍」

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(PARTT)のラストで、2015年の未来から空飛ぶタイムマシンとなったデロリアンに乗って1985年の現在に戻ってきたドク(クリストファー・ロイド)は、マーティ(マイケル・J・フォックス)と恋人のジェニファーに向って、君たちの子供が心配だと言って慌しく二人を乗せて未来へ旅立つ。
その際、ミスター・フュージョンという機械に生ゴミを投入するだけで、次元転位装置を稼動させるのに必要な1.21ギガワットの電力を得ることができた。

1985年に旅立つときには、リビアのテロリストから騙し取ったプルトニウムを燃料とした装置を使い、1955年に旅立つときには、ヒルバレー時計台の避雷針に落ちた雷を使ったのに、2015年の未来では、夢のような家庭用発電機が市販されていたのだ。
もちろんこの3部作は、1955年時点でデロリアンが4台も存在するような矛盾だらけのタイムトラベル映画で、2015年真っただ中の現在でも実現不可能な絵空事だ。
  (注釈1)

しかしながら、莫大な電力を得るために必要な燃料がどこにでもある生ゴミや空き缶で事足りるミスター・フュージョンというエネルギー反応炉は、究極の発電機であり、究極のリサイクル装置である。これを「ものづくり」に置き換えるなら、究極のブリコラージュということになる。
「器用仕事」「寄せ集め細工」と訳される「ブリコラージュ」(Bricolage)とは、ありあわせの道具と材料とを用いて入り用の物を作ることである。

ハイホー、マンハッタン坂本です。

続きを読む
posted by マンハッタン坂本 at 00:00 | Comment(0) | 映画全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。