INFORMATION INFORMATION

2014年11月25日

みんながリックの店にやってくる。

カサブランカ2.jpg

みんながリックの店にやってくる。
introducing 「THE 有頂天ホテル」「櫻の園」

ファンならご存知だと思うが、映画「カサブランカ」の叩き台となったのは、ブロードウェイに辿り着く途中でぽしゃってしまった舞台劇「みんながリックの店にやってくる」である。
原案でも原作でもなく叩き台という言い方をしたのは、カサブランカというエキゾチックな背景のもとで、主人公のリックがナイトクラブを経営するという設定だけが残ったからだ。
その設定をもとに、シナリオ・ライターのジュリアス&フィリップ・エプスタイン兄弟が映画用の登場人物と事件を思いつき、引き継いだハワード・コッチが彼らのアイデアをサスペンス仕立てにふくらませ、割り込んだマイケル・カーティス監督がロマンス色の強いドラマに仕上げたわけだ。

みんながリックの店にやってくるのは、ある特別な出国ビザの取り引きがあるからだ。
第2次世界大戦の最中、ドイツに支配されたヨーロッパから脱出するには、ポルトガルのリスボンへ行き、自由の国アメリカへ渡航する方法があったが、誰もが直接行けるわけではなかった。
そこで出現したがフランス領モロッコのカサブランカから飛行機でリスボンへ行く亡命ルートで、金かコネか幸運に恵まれた人たちだけが出国ビザを手に入れられた。

ドイツの連絡員を列車の中で殺害して、検問もフリーパスとなるドイツ軍発行の通行証を手に入れたウガーテは、それを売って高飛びするため、リックの店カフェ・アメリカンにやって来、1時間ばかり預かって欲しいと頼み込む。
受け取ったリック(ハンフリー・ボガート)は、サムのピアノの中にそれを隠す。
フランス・ヴィシー政府から任命された警察署長ルイ・ルノー大尉(クロード・レインズ)は、ナチス・ドイツのストラッサー少佐をリックの店に招待し、彼の目の前でウガーテを逮捕する。
世の中には星の数ほど酒場があるのに、よりによってリックの店にやってきたイルザ(イングリット・バーグマン)は、パリの恋人だったリックと再会する。そして一緒に来た反ナチ運動の指導者である夫のヴィクター・ラズロ(ポール・ヘンリード)を出国させるため、通行証を譲ってくれと頼み込む。
にべもなくリックは断るが、土壇場で彼女に「君の瞳に乾杯」と言ってラズロに通行証を手渡す。
   (注釈1)

「カサブランカ」のようなサスペンス映画や冒険活劇では、あるモノをめぐって争奪戦が起こり、それがやたらと人から人へと渡ることがある。
だがコメディや青春映画では、邪魔物のようにたらい回しにされる。

ハイホー、マンハッタン坂本です。

続きを読む
posted by マンハッタン坂本 at 00:00 | Comment(0) | 映画全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。