INFORMATION INFORMATION

2010年09月04日

丸眼鏡の男に悪いやつはいない。

決定盤 ジョン・レノン~ワーキング・クラス・ヒーロー~

丸眼鏡の男に悪いやつはいない。
introducing 「プラダを着た悪魔」「グローリー」「グラン・ブルー」

その証拠に、僕が丸眼鏡だからである。
自慢するつもりはないが、可愛い女子には優しい。お洒落な女子には特に優しい。そうでない女子にはそれなりに優しい。僕を罵倒する女子には、マゾではないが、罵倒された分だけ優しい。

ただ、変わり者で、ちょっとプライドが高い。
やたら一途なところがあるが、恋愛は苦手である。理由は女子に罵倒されるのが苦手だからだ。罵倒されると、どうしても酒の量が増える。飲み過ぎると悪乗りをするが、酒乱ではない。
背は高いけれど、頭髪がさびしい。だが歳の割にお洒落な方だと思っている。

こんばんは、マンハッタン坂本です。

一流ファッション誌「ランウェイ」で働くナイジェル(スタンリー・トゥッチ)は、いつも黒縁の丸眼鏡をかけている。
彼は、額は広いけれど、 「プラダを着た悪魔」と恐れられる鬼編集長のミランダ(メリル・ストリープ)から信頼される優秀な男性スタッフである。6人兄弟の中で育っていながら夜中に毛布に隠れて読みふけるくらい「ランウェイ」を崇拝していたからだ。

編集長からしこたま絞られた新人アシスタントのアンディ(アン・ハサウェイ)がグチって来ても、あっさり辞めてしまえと言って慰めない。君が働いている雑誌は、輝かしい希望の光だ、と。
その代わり、ダサい彼女のためにシャネルのジャケットとブーツを選んでやる。お陰で彼女もアシスタントとして成長していく。

「私生活も危機」とアンディ。
「仕事が上達すると、みんなそうなる」

身に覚えのあるナイジェルの言葉に感服した。
  (注釈1)
 


南北戦争の中期、ロバート・ショー大佐(マシュー・ブロデリック)は、黒人ばかりの第54連隊の指揮を命じられる。
南部からの脱走奴隷でリーダー的なローリンズ(モーガン・フリーマン)、反抗的なトリップ(デンゼル・ワシントン)に混ざって、ロバートと幼馴染のインテリ黒人で銀縁の丸眼鏡をかけたトマス(アンドレ・ブラウアー)も志願して来る。

トマス同様、奴隷黒人と比べるとひ弱だったロバートは、労働と略奪にしか利用されない連隊を何とか前線に赴かせる。
靴欲しさに離脱して鞭打ちの刑を受けたトリップから、トマスは白人みたいだと悪態をつかれる。だが戦場ではトリップを助ける。

負傷しても連隊に留まったトマスは、難攻不落のワグナー要塞攻撃の先頭部隊に志願する。ロバートの指揮の下、「グローリー」(誇り)を持って最期まで戦い抜く。

第54連隊に続く18万の黒人部隊の活躍が北軍の勝利へと導いたことは、あまりに知られていない。
  (注釈2)



水中トレーニング中のジャック・マイヨール(ジャン=マルク・バール)の目の前に、フリーダイビング世界チャンピオンのエンゾ(ジャン・レノ)が現れる。シチリアのタオルミナで行われる世界選手権に出場しろと言う。

エンゾは、べっ甲色の丸眼鏡をかけた短髪の大男で、酔っ払って悪乗りをすると水中でシャンパンを飲む。ピアノは弾けるし女にももてる。だが、よそでパスタを食ったら殺される、と母親だけには弱い。危うくテラス・レストランで見つかるところを、ジャックに一目惚れして追いかけて来たジョアンナ(ロザンナ・アークェット)に助けられる。

イルカに似ているけれど、彼女とどうつき合っていいのか分からないジャックにとって、家族同然の本物のイルカと遊ぶ方が遥かに楽しい。
エンゾは、女を渡り歩いた揚句、スペインの女優に逃げられる。

フランスで115メートルの新記録を出したエンゾに対し、ジャックは120メートルの大記録を打ち立てる。
二人が子供の頃育ったギリシャ大会で、ロレンス博士が人間の生理的限界を越えていると警告を出す。
それでも記録に挑戦しようとするエンゾ。ジャックは必死で止めるが、振り切られる。イタリア国旗をデザインしたウェットスーツで、エンゾは海中深く潜っていく。

「本当だった。海の中がいい。陸よりも」

そう言ってエンゾは息絶える。
ジャックは彼におもりをつけ、「グラン・ブルー」の中へ沈めてやる。

人類の祖先が海洋生物だったという説がある。無神論者の僕にしてみれば、素直にそれを信じられる。
そしてラストでジョアンナがジャックに向って叫んだように、海の中でしか愛を確かめられないのかもしれない。
  (注釈3)



「グラン・ブルー」公開当時、ジャン・レノはエンゾの弟ロベルト役のマルク・デュレと共に、映画と同じ丸眼鏡をかけ、満面の笑顔でキリンシーグラムのHIPSのCMに出演した。
そのときのコピーは――「また、ウイスキーが好きになった。」




注釈1、「プラダを着た悪魔」(監督:デイビッド・フランケル)
     アメリカ映画 2006年製作 原題:The Devil Wears Prada
     原作、ローレン・ワイズバーガー
     ゴールデングローブ賞主演女優賞(メリル・ストリープ)受賞
     アン・ハサウェイの変身シーンで流れる曲:マドンナ「ヴォーグ」

プラダを着た悪魔 (特別編) [DVD]

プラダを着た悪魔 (特別編) [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD



    
注釈2、「グローリー」(監督:エドワード・ズウィック)
     アメリカ映画 1989年製作 原題:Glory
     米アカデミー賞助演男優賞(デンゼル・ワシントン)、
     撮影賞、録音賞受賞

グローリー [DVD]

グローリー [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD




注釈3、「グラン・ブルー」(監督:リュック・ベッソン)
      フランス・イタリア映画 1988年製作 原題:Le Grand Bleu
      仏セザール賞音楽賞(エリック・セラ)、録音賞受賞





マンハッタン坂本のシネマワンダーランドが気にいった!
そんな方は、一票お願いします→ 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
posted by マンハッタン坂本 at 23:29 | Comment(0) | 映画全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。