INFORMATION INFORMATION

2010年09月18日

フライディは日本人が勝手につけたロボット名だ。

ドクター1.jpg

フライディは日本人が勝手につけたロボット名だ。
introducing 「スターウォーズ」「ショート・サーキット」「禁断の惑星」

ファンならすぐにピンとくるはずだが、「宇宙家族ロビンソン」に出てくるロボットには、初めから名前がなかった。ただのロボットである。
TBS系で放映が開始されてまもなく、視聴者から名前を募集したところ、「ロビンソン・クルーソー」の従僕にちなんで「フライディ」と名づけられた。

フライディは、何か危機が迫ると「警告!警告!」と連発する。
ドクター・ザックレー・スミス(声:熊倉一雄)が無理難題を吹っかけると「まるで計算出来ません」と答える。それが何ともお茶目だ。そして決まってドクターが悪態をつく。

「このポンコツ頭のよいよいロボットの寸足らずめ!」
「バカみたいにゲタラゲタラ笑ってないで、さっさと何処へでも消えてなくなれ。このカンカラ・ロボットめ!」

  (注釈1)

こんばんは、マンハッタン坂本です。






フライディとドクターほど賑やかでないけれど、世界でもっとも有名なロボット・コンビが「スターウォーズ」R2−D2C−3POである。
監督のジョージ・ルーカスが公言しているように、モデルは黒澤明監督の「隠し砦の三悪人」に出てくる千秋実と藤原釜足だ。
しかしながら、R2−D2は電子音の機械語しか喋らない。何を言っているのかC−3POにしか理解できない。一方的に突っ込みをいれる相方に擬音で答える漫才といったスタイルだ。

「勝手にしろ 1日でスクラップだぞ。泣いたって助けてやらないからな」
「ピッピッピッピ、ヒュ〜〜」


千原ジュニアと宮川大輔なら出来そうだ。

僕は知る人ぞ知るR2−D2の大ファンである。小物にはまったく興味がないが、フィギュアだけは数体持っている。シンセサイザーの電子音と赤ちゃんの声真似を混ぜ合わせて作った機械語も好きだ。ケータイの着メロにしたいと友人に依頼したが無理だと言われた。仕方なくラスト・シーンの曲を使っている。

デス・スターの爆破に成功したルーク・スカイウォーカーとハン・ソロがレイア姫からメダルをかけてもらうとき、R2−D2は身体を大きく揺らして機械語で喜ぶ。それが何とも愛嬌がある。
  (注釈2)



フライディは観測用、R2−D2は電子機器の操作用に開発されている。従ってドラム缶のような大きな胴体をキャタピラで支えているため、戦闘には向かない。
その点「ショート・サーキット」ナンバー5は、レーザー砲を装備した戦闘用ロボットで、胴体が細く軽い分、キャタピラで突っ走る。
 
ノヴァ社の陸軍向けデモンストレーションの途中、落雷を受けたナンバー5は制御不能となる。いつの間にかゴミ収集車に乗り、気づくとステファニー(アリー・シーディ)のワゴン車の上にいる。

やたらインプットと口走るナンバー5は、彼女の部屋にある本をすべて読破し、徹夜でTVを見まくる。
ジャンプした拍子にバッタを踏んづける。死んだら修理できないのよ、とステファニーに教えられると、急に怖がって車で逃げ出す。すっかり魂が宿ってしまい、正体を知った彼女がすでに通報していたからだ。

一旦捕獲されるが、ナンバー5はステファニーのもとに自力で戻ってくる。映画を見ながらジョン・トラボルタのダンスに誘われる彼女も一緒に逃げるしかない。

「生命は故障じゃないわ」 

追ってきたロボット博士のクロスビー(スティーブ・グッテンバーグ)に向って、ステファニーは必死に訴える。

ノヴァ社の機動隊が三人を追い詰める。ナンバー5がトラックから飛び出し、キャタピラで突っ走る。ミサイルが命中する。だが爆発したのは偽者だった。
  (注釈3)



「宇宙家族ロビンソン」の第20話「ロボット戦争」でゲスト出演したのが「禁断の惑星」ロビー・ザ・ロボットである。
フライディの原型とも言えるロビーは、キャタピラのない二足歩行をする。人命を守るための制御装置がついた絶対服従の万能ロボットで、調理や酒造やドレス作りから生花までやる。

西暦2200年、宇宙連邦船C−57−Dでアルテア星に着陸したアダムス機長(レスリー・ニールセン)は、ロビーの案内でモービアス博士(ウォルター・ビジョン)の邸宅を訪れる。博士は20年前に移住したベララホン号のたった一人の生き残りだった。
ところが、いきなりセクシーな美女が現れる。博士の娘でアルタ(アン・フランシス)と言い、彼女は超ミニスカで惜しげもなく細く長い脚を露わにしている。機長も一緒に来たファーマー中尉も釘づけとなる。

後日、連邦船に遊びに来たアルタは、健康にいいからと言われ中尉と何度もキスをする。だが何も感じない。そのうち機長に見つかってしまい、そんな服を着るのはやめてくれと怒鳴られる。
ムカついた彼女は、長くて全部隠れるドレスを作ってほしいとロビーに依頼する。

「放射線防止服ですか?」
「視線防止よ」
 


目に見えない怪物が連邦船を襲う。
機長に疑いを持たれた博士は、アルテア星で20万年前に滅びたクレル文明の超ハイテクな遺産を案内する。ロビーもアルタも、クレル人の残した創造力養成機で進化した博士の賜物だったのだ。
そして「イドの怪物」の正体は、博士の意識に潜む憎悪と闘争の化身だった。

自爆装置に点火した博士を残し、機長たちはアルテア星を脱出する。
  (注釈4)



鉄腕アトムで育った世代にもかかわらず、どういうわけか僕はキャタピラ歩行のロボットが好きである。最近ではピクサー・アニメのウォーリーがいい。

日本の映画製作会社ROBOTのロゴも悪くない。いっそのこと、ロゴのキャラクターで執事ロボット映画を製作したらどうだろうか。お茶目で突っ込みのキビシイやつがいい。


本音を言えば、我が家にロビー・ザ・ロボットがいれば理想的だ。
どんなレアな酒もたちどころに分析し、一晩で山のように複製してくれる。


robot.jpg

イラストレーターhydraさんのブログ「whispers」
http://blog.livedoor.jp/frail666/




注釈1、「宇宙家族ロビンソン」(製作:アーウィン・アレン)
      アメリカTVドラマ 原題:Lost in Space
      シーズン1〜3、1965年〜1968年放映
      テーマ曲、ジョン・ウィリアムス

宇宙家族ロビンソン ファースト・シーズン DVDコレクターズ・ボックス 初回生産限定

宇宙家族ロビンソン ファースト・シーズン DVDコレクターズ・ボックス 初回生産限定

  • 出版社/メーカー: 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
  • メディア: DVD




注釈2、「スターウォーズ エピソードW」(監督:ジョージ・ルーカス)
      アメリカ映画 1977年製作 原題:Star Wars
      米アカデミー賞編集賞、美術賞、衣装デザイン賞、録音賞、
      視覚効果賞、作曲賞(ジョン・ウィリアムス)受賞

スター・ウォーズ 新たなる希望(エピソードIV) (リミテッド・エディション2枚組) [DVD]

スター・ウォーズ 新たなる希望(エピソードIV) (リミテッド・エディション2枚組) [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD




     メーカー:20世紀フォックス・ホーム・エンターテインメント・ジャパン
      メディア:Blu-ray

注釈3、「ショート・サーキット」(監督:ジョン・バダム)
      アメリカ映画 1986年製作 原題:Short Circuit

ショート・サーキット [DVD]

ショート・サーキット [DVD]

  • 出版社/メーカー: フナイエンタテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD




注釈4、「禁断の惑星」(監督:フレッド・マクラウド・ウィルコックス)
      アメリカ映画 1956年製作 原題:Forbidden Planet

禁断の惑星 [DVD]

禁断の惑星 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD



マンハッタン坂本のシネマワンダーランドが気にいった!
そんな方は、一票お願いします→ 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
posted by マンハッタン坂本 at 00:01 | Comment(0) | 映画全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。