INFORMATION INFORMATION

2013年08月19日

それでも空は青く晴れ渡り、山は美しくそびえ立ち、桜は満開になる。

kirisima.jpg

戦争(第二次世界大戦)名画特集 PARTV

それでも空は青く晴れ渡り、山は美しくそびえ立ち、桜は満開になる。
introducing 「明日/TOMORROW」「美しい夏キリシマ」「紙屋悦子の青春」

巨大な捕虫網にすっぽり包まれた加賀まりこのポスターを、1977年開催の「ATG映画の全貌」のパンフレットで見た。DCブランドのスタイリッシュなデザインを彷彿とさせる映画のポスターは、「とべない沈黙」だ。
本編を見たのは随分あとのことだが、そのとき初めて黒木和雄監督の存在を知った。
  (注釈1)

のちに、映画版「風の歌を聴け」で、ベレー帽をかぶった精神科医の役で出演したが、見た目は宮崎県出身のただのオッサンである。
 
「とべない沈黙」は、岩波映画でドキュメンタリーを撮っていた黒木監督らしい作品で、日本が抱える不安感みたいなものをシュールなタッチで描いている。
僕にとって、シナリオ修業時代に見た「祭りの準備」が強烈に心に残っているが、監督の傑作はやはり戦争にまつわる作品だ。
  (注釈2)

ハイホー、マンハッタン坂本です。


とべない沈黙2 (2).jpg


「TOMORROW/明日」は、「地の群れ」で有名な井上光晴の原作である。

三浦家では、次女のヤエ(南果歩)と庄治(佐野史郎)の結婚披露宴が行われる。
記念写真に写った参列者たちは、再び銃後の日常に戻る。
身重の長女は陣痛が始まり、徹夜で男の子を出産。三女は恋人に赤紙が来たことを知らされる。
新郎がためらいがちに秘密を告白しそうになるが、次女は言う――「何時でんよかですよ。明日でも明後日でも」

翌日の長崎は晴れ渡っていた。
明日を信じて慎ましやかに生きてきた人々の命を一瞬にして奪ったのは、原爆投下だった。 
  (注釈3)


「美しい夏キリシマ」は、黒木監督の実体験に基づいている。

日高家では、厳格な祖父(原田芳雄)のもと、肺を患った康夫(柄本祐)が自宅療養をしている。彼は、学徒動員時代の空襲で友人を助けることができず気に病んでいる。沖縄出身の友人の形見であるキリストの写真と聖書を大切に持ち、天皇陛下万歳と言って敵空母に突っ込むことは非科学的だと考えている。
友人の幼い妹に兄の仇を討ってくれと言われ、心優しい女中が止めるのも聞かず、塹壕にこもる。

戦争が終った。康夫は、やりきれない想いで竹槍を持ち、進駐軍に向って行く。
  (注釈5)



「紙屋悦子の青春」は、黒木監督の遺作となった。

病院の屋上のベンチに座った老夫婦がぼそぼそと話をしている。妻の耳には遠く波の音が聞こえる。
ときは1945年、桜が咲き始める頃に戻る。

鹿児島の田舎で兄夫婦と暮らす悦子(原田知世)に見合いの話が持ち上がる。相手は、兄の後輩の明石少尉の戦友で、長与少尉(永瀬正敏)だという。悦子の幼なじみで兄嫁のふさ(本上まなみ)は、彼女が明石に気があることを知っていて気が気でない。

翌日、おはぎと美味しい静岡のお茶でもてなした悦子は、ぼくとつとして誠実そうな長与に好感を持つ。
同席した明石が消えたあと、帰り際に長与が思い切って告白する。

「戦争のどげんなるか、私がどげんなるか分からんですばってん、私はもうあなたば、一人にしまっせん」 

桜が散り始める頃、大村航空隊に転属が決まった長与は、再び悦子の家を訪れる。あいつの分まであなたを大切にします、と言って明石の手紙を渡す。
特攻に出撃する明石と別れを悲しんだ悦子は、長与に力強く答える―「ずっと待っちょいますから」

二人の耳に、遠く波の音が聞こえてくる。
  (注釈6)



黒木和雄監督の3作品は、原爆投下を除けば、空襲警報が鳴るだけ。住民が混乱に陥るような大事件は起こらない。
連合軍の脅威を声高に叫ぶわけでもなく、食糧不足を何とかやりくりする銃後の人々の生活を丹念に描いているだけだ。

それでも空は青く晴れ渡り、山は美しくそびえ立ち、桜は満開になる。


そして、熊本は米焼酎、宮崎は麦焼酎がうまい。





注釈1、「とべない沈黙」(監督:黒木和雄)       
      日本映画 1966年製作

       メーカー:テック・コミュニケーションズ
       メディア:DVD
注釈2、「祭りの準備」(監督:黒木和雄)
      日本映画 1975年製作 英題:Prepation for the Festival

       メーカー:ジェネオン・エンタテインメント
       メディア:DVD


注釈3、「TOMORROW/明日」(監督、脚本:黒木和雄)       
       日本映画 1988年製作
       原作、井上光晴

       メーカー:ブロードウェイ
       メディア:DVD

注釈4、「美しい夏キリシマ」(監督、脚本:黒木和雄)       
      日本映画 2003年製作
      キネマ旬報ベストテン第1位
      日本映画監督賞、新人男優賞(柄本祐)受賞
      報知映画賞助演男優賞(原田芳雄)受賞

       メーカー:ハピネット・ピクチャーズ
       メディア:DVD

注釈5、「紙屋悦子の青春」(監督、脚本:黒木和雄)       
      日本映画 2006年製作
      原作:松田正隆の戯曲
      報知映画賞特別賞(黒木和雄)受賞
      毎日映画コンクール撮影賞受賞

       メーカー:バンダイビジュアル
       メディア:DVD

マンハッタン坂本のシネマワンダーランドが気にいった!
そんな方は、一票お願いします→ 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
posted by マンハッタン坂本 at 00:00 | Comment(0) | 映画全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。