INFORMATION INFORMATION

2013年01月07日

「饅頭こわい」を略すな!

July 4, 2011 - 35
July 4, 2011 - 35 / Kai Brinker


 新春・自選パロディ集 PARTU

「饅頭こわい」を略すな!
 introducing 「吹けば飛ぶよな男だが」「生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言」

ようこそのお運びで。
何ですな、日本人てのは、ちっと言葉が長いとすぐに略す癖がありますな。

私の知り合いに手前のことをマンハッタンなんてカッコつけてるオヤジがいまして、何でもウディ・アレン監督の「マンハッタン」に首ったけとかで、そう自称してるわけなんですが、ただの「吹け男(ふけお)」なんですわ。事実、老けてます。
もとは山田洋次監督の「吹けば飛ぶよな男だが」の略でして、やたら痩せてる。

目下深刻な悩みってのが何食っても太らない。巷ではダンスやら骨盤枕やら低カロリー定食やらDVD付のダイエット本がベストセラーになってるってのに、ロバート・デ・ニーロみたいにいとも簡単に目方を増やす方法がないと嘆いてるんですわ。ちなみに見てもご利益なんてないんですが、腹はぺったんこで下手なご婦人方より手足が細い。

その「吹け男」が、頼むから略さないでくれって言ってる造語が「マンハッタン・コンプレックス」てわけでして、どう足掻いても長すぎて略さないわけにいかん。どうか声に出して略さないでいただきたい。ご婦人方に嫌われますので。

そのオヤジが最近になって妙ちくりんな宣言しまして、「生き花党宣言」とか言うんですが、もとは森崎東監督の「生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言」の略でして、まあ日本がいつ沈没するか先が見えない時勢ですさかい、仕方ないですな。

そんなわけで、毎度のことながら続けて2席お伺い致します。


港・神戸に三郎(なべ・おさみ)て名のアホなチンピラがおりまして、風体がまるでフーテンの寅さんなんですが、「カオルちゃん遅くなってゴメンねえ」なんて歌いながら駅前にやって来て、兄貴(芦屋小雁)にド突かれます。今日の仕事はタレント捜しとか兄貴に言われるんですが、要はスケコマシですな。
そこへ九州の天草からやって来た、ちっと頭の軽い田舎娘の花子(緑魔子)がカモになる。

何も聞かされずセーラー服を着た花子がぶっつけ本番で、ブルーフィルムの強姦シーンを撮影させられるんですが、チンピラは見るに見かねて彼女を逃がしてやる。それが運のツキと言うか、田舎へ帰る列車に乗らない、独りになるとすぐに見知らぬ中年オヤジから声をかけられる、そんな花子を放っておけなくなり、仕舞いに惚れてしまいます。

花子がいるホテルに、カミキリみたいな中年オヤジ(有島一郎)を連れて来て舎弟がゆすろうとします。これを業界ではツツモタセ言うんですが、オヤジが僕を罰してくれなんて殊勝なこと言い出すんで、割引する。一緒にビール飲んで盛り上がり、勢いでオヤジを女将(ミヤコ蝶々)の経営するルートコ、つまり今のソープランドですな、そこへ連れていく。
ところが三郎はその店に花子を売ってしまうんですわ。あんなチンピラ早いとこ別れんとえらい目に合うで、なんて女将に聞こえよがしに言われて塩まかれる。

三郎は、兄貴に見つかって小指を切られてのた打ち回る。花子のヒモじゃカッコ悪いんでヤクザの真似してシノギ見つけたりするうちに、花子が妊娠5ヶ月で店を辞めたことを女将から知らされる。
仲の良かった中年オヤジは実は教師やってるんですが、花子はオヤジの家に厄介になってる。三郎が迎えにいくと、あんたの子と違うなんて言われた上、子供おろせないと泣くんですな。彼女カトリック教徒だったんですわ。

追い出された三郎はヤケ酒を飲み、勢いでヤクザと喧嘩して刃物で刺してしまう。留置所の面会室に花子がやってくるですが、お互いおいおい泣き出す。なんぼでも涙が出るって感じで看守がハラハラしてると3分間で、パンツはいてない、としか言わない。

不起訴でシャバに出てくると、花子が死んだことを知らされます。オヤジの家にも帰らず夜中までうろついてて流産したのが原因ですな。オヤジの家に駆けつけると、葬式一日遅らせて女将が待ってる。口は悪いけど、面倒見のいい女将なんですわ。オヤジが三郎くんにすまないなんて言い出すさかい女将がつっこむ――「済んだこっちゃおまへんか。あんたかて花ちゃんに惚れてなはった、ええカッコしないな」

天草の実家にお骨を届けたあと、三郎は世界中を船で回る仕事を見つけます。まっとうに生きようと決心したんですな。
涙ながらに見送ってくれたのは、憎まれ口を叩き合ったルートコの女将ですわ。コンドームを餞別にアホ!とか言われましてな。
   (注釈1)



沖縄の「コザ暴動」で追われた宮里(原田芳雄)が初枝(倍賞美津子)と一緒に本土に逃げて来たのは彼女が「十九の春」だった。戸籍がないのでまともな職につけない。
彼女はバーバラの名でドサ回りのストリッパーとなり、宮里は原発の定期検査のために臨時で雇われる「原発ジプシー」となる。福島第一、玄海、美浜と転々と渡り歩くうちに、ウラミニウムが浸み込み放射能を吸い込み、彼の身体はボロボロとなる。

楽屋と飯場で電話し合い、温泉場で落ち合って宮里が彼女を抱くとき、会いたいよう、会いたいよう、と泣かれる。露天風呂の堅い岩の上でやって以来、布団の上でやらせてもらえない。
33歳となったバーバラが名古屋に帰ってきても、物干し台の上で行っている。堅気になった宮里と祝言を上げるためだ。だが美浜で娼婦をするアイコの足抜きに失敗した上、宮里がヤクザをやめられないことを知り、愛想が尽きる。

バーバラは、カバン持ちをすると言う元教師の野呂(平田満)と一緒にドサ回りを始める。
古巣の美浜に戻ってくる。カップヌードルだけで客を取らされるフィリピンからの「じゃぱゆきさん」のマリアも相変わらずである。

アイコが祝言を上げるという墓場へ行くと、棺桶の中から原発の作業服を着た花婿の安次(泉谷しげる)が這い出てくる。廃液漏れのパイプを直す途中で誤って怪我をし被曝したと言う。アイコが墓に入れてくれなかったら、放射能廃棄物用のドラム缶の中で処分されたかもしれない。

「あふれる情熱 みなぎる若さ 共同一致団結 ファイト!」

三々九度のあと、そう言って二人が気勢を上げ、逃走する。だが宮里が操縦する船に乗った組長が追いかけて来、射殺される。

バーバラは、すべてを見聞きし命を狙われたマリアを祖国へ逃がす手助けをする。
組長の身代わりに自首するよう命令された宮里は、兄貴分の戸張(小林稔侍)を射殺し、全部ばらすぞと組や警察に対し宣戦布告する。
マリアを乗せる船が出港する直前、ヒットマンにやられた宮里が駆けつける。警察に包囲され、宮里が「十九の春」を歌い出す。ライフル銃を一発撃ち、動かなくなる。代わりにバーバラが一人一人敵を倒していく。歌が止み、宮里が息絶える。

強制送還されるマリアが、ボートの上からバーバラに向かって叫ぶ。

「あふれる情熱 みなぎる若さ 共同一致団結 ファイト!」

拳を上げてバーバラも答える。ファイト!
   (注釈2)

生き花党宣言.jpg


それにしても惜しい俳優さんを亡くしたもんですな。原田芳雄さんとは、十数年前に由布院映画祭で初めてお会いしてそれが最後になったんですが、飾り気のない滅茶苦茶カッコいいオヤジでした。
いい作品に沢山お出になってて代表作がいくつもありますが、問題作もある。
田原総一朗さんのルポルタージュが原作の「原子力戦争」てのがありまして、戦争と言っても原発をめぐる利権争いのことで、福島第二原発でロケしてる。「生き花党宣言」は福井県の美浜原発でロケしてる。
   (注釈3)

2011年3月11日以来、闘病生活を送られてた原田芳雄さんにとってさぞかし無念だったにちがいない。「原子力戦争」が公開された1978年に福島第一原発で日本初の臨界事故があったんやさかい。
うがったことを言わせていただければ、2度に渡る原発ロケの際、嫌がらせに食事に放射性物質を混入されたんじゃないか、それがもとで身体に毒がまわり、発症したんじゃないか。そう思えてならないんですわ。

まったく怖い連中ですな。私なんか縮み上がって近寄れないですよ。原発に群がる利権屋とか事故の隠蔽工作する権力者とか、その手先になって暗躍するアブナイ連中とか。
3・11以降いろんなことが国民にバレてきて、やりづらくなってるでしょうが、どっこい向こうの連中も平気な顔で言ってますわ。

「原発、こわい」




注釈:「原発のウソ」(著者:小出裕章)
       初版:2011年6月1日

       出版社:扶桑社
       メディア:新書


注釈1、「吹けば飛ぶよな男だが」(監督:山田洋次)
      日本映画 1968年製作 
      脚本:山田洋次、森崎東

      メーカー:松竹ビデオ
      メディア:DVD

注釈2、「生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言」(監督:森崎東)
      日本映画 1985年製作 英題:The Nuclear Gypsies
      キネマ旬報ベストテン最優秀女優賞(倍賞美津子)受賞
      毎日映画コンクール最優秀女優賞受賞

      メーカー:東映ビデオ
      メディア:DVD

注釈3、「原子力戦争:Lost Love」(監督:黒木和雄)
      日本映画 1978年製作

      メーカー:キングレコード
      メディア:DVD

マンハッタン坂本のシネマワンダーランドが気にいった!
そんな方は、一票お願いします→ 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
posted by マンハッタン坂本 at 00:00 | Comment(0) | 映画全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。