INFORMATION INFORMATION

2015年01月25日

洗いくまモンの逆襲。

くまモン営業部長.jpg
                                                     「いちおう、公務員です。」

<FB参加記念>アーカイブ・熊本ネタ 人気ナンバー1  (初公開)2013・8・26

洗いくまモンの逆襲。
introducing 「金融腐食列島[呪縛]」「マルサの女」

天守閣の前で、新しいミュージック・ビデオの撮影をやっている最中だった。
熊本県知事の蒲島さんが血相を変えて僕を呼びに来た。僕は仕方なく本丸御殿に戻り、くまモンの着ぐるみを脱ぐと、野菜生活デコポンミックスを飲み干した。すると自分のスマホを手渡しながら知事が言った。「坂本くん、内閣総理大臣が話したいそうだ」

お待たせと僕が言うと、即座に安倍首相が声を上げた。「すぐに東京へ来てもらえないか?」
「何故バレたんだ?」僕は疑いの目で知事を見た。「アルバイトでくまモン演ってるってこと」
「フランス人もモハメド・アリもびっくりというか、切れ味鋭いお茶目な動きを見れば、君だとすぐに判るよ」
「フットワーク軽すぎたかな」
「極めて重大な局面なんだ」悲痛な声で首相が言った。「ボーイング787をチャーターしたよ」
「僕が飛行機恐怖症ってこと忘れたのか!」僕は怒りを押さえて言った。「それにくまモンは九州新幹線全線開業とともに生まれたキャラだぜ。新幹線で行くよ」

僕は自宅に戻ってバッグに着替えをつめ、12時間後に総理執務室の肘掛け椅子に座っていた。
安倍ちゃんはもんモンと悩んで一睡もできなかったようだ。
「予定通り消費税を上げていいかどうか、決断がつかないんだ」
「当たり前だよ。あんたの打ち出した成長戦略だと、くまモン数匹分の経済効果しかないじゃないか。増税した途端に総スカン食うよ、国民から」
「そこで相談だが、くまモンの役を譲ってもらえないか?」
「雲隠れするつもりか! 『チェンジ』のキムタクみたいに」
「お互いにアライグマに似てるし、背丈も血液型も同じだし、半年年下とは言え同学年だし、同じ夢を持ってるだろ、映画監督になるって」
「仁義なきゴッドファーザーなんて撮りたくないね」ウディ・アレン・ファンの僕は反論した。
「着ぐるみで世界中を回る方が楽しいと思うんだ」

「断る」僕は決然と言った。「首相就任直後に助言しただろ。消費税上げるなら、公務員制度改革に着手してからだって」
「忘れたのか? 第1次安倍内閣が挫折した原因。社会保険庁の解体・民営化ができなかったのも、官民人材交流センターが設置できなかったのも、官僚たちのクーデターなんだ」
「やられたら、やり返す。倍返しすればいいじゃないか」
「半沢直樹みたいに?」
「安倍晋三の“倍(べ)”は、倍返しの“倍(べ)”だろ!」

おもむろに僕はバッグから小さな包みを取り出し、手渡した。「ここに来る前にTBSで買って来たんだ」
安倍ちゃんは恐る恐る包みを開けた。「倍返し饅頭?」
「それ食って勇気出せよ。あんたなら必ず改革を成功させるよ、安倍ちゃん」
「そう考えてるのは、君と私だけかも」楽園のリンゴのように饅頭をひとかじりすると、安倍ちゃんが言った。
僕は、彼の肩を叩いて元気づけた。「あんたと、僕と、それに日本国民を忘れちゃいけないね」

ハイホー、マンハッタン坂本です。

絶賛発売中!DVD付きCD「くまモンもん」(歌:森高千里)



先日、超人気ドラマ「半沢直樹」の第1部・大阪編が終了した。
当然のことながら、堺雅人が演じる型破りなバンカー、東京中央銀行大阪西支店の融資課長・半沢直樹のインパクトは強烈だ。お陰で、当ブログ人気記事ランキング第1位の「『ま、ええんとちゃいますか』の堺雅人は宮崎県出身だった。」のアクセスが急激に増えた。
「リーガル・ハイ」の古美門研介ほど戯画化されていないだけに、上司にいたぶられたことのあるサラリーマン諸氏にはヒーローに思えるかもしれない。

小ネタつながりで名画を紹介している当ブログとしては、「半沢直樹」をネタに、中堅バンカーの奮闘を描いた内幕モノと、半沢と競い合うマルサを描いた名作を取り上げてみた。
ちなみに、第1部はこんな粗筋である。


全責任を持つという浅野支店長の言葉を信じて融資した5億円を、西大阪スチール社長の東田に騙しとられた半沢は、東田が5千万の別荘を所有しているという情報を得る。だがオネエ言葉で乱暴な大阪国税局査察部の黒崎統括官(片岡愛之助)に横取りされる。
全責任をなすりつけ銀行から追い出そうと画策する浅野支店長に対し、半沢は部下3人と共に頑然と立ち向かい、東田の隠れ家を突き止めると、浅野が東田とつるんで裏で糸を引いていた証拠を手に入れる。

東田の愛人(壇蜜)を味方につけた半沢は、ついに東田の隠し口座を差し押さえ、5億円を回収する。結果、大阪国税局のハナを明かし、黒崎は地団太を踏む。そして海外出向目前だった半沢の代わりに浅野が飛ばされる。
それは見事な倍返しだった。
   (注釈1)
半沢直樹.jpg


日比谷公園の周辺には大蔵省と法務省と検察庁とプレスセンタービルがあり、東側にメガバンク朝日中央銀行(ACB)本店がある。
1997年、ACB本店に東京地検特捜部の家宅捜査が入る。容疑は特殊株主である総会屋への300億円に上る不正融資だ。
ACBの重役たちは、トップの顔ぶれを変えるだけで難を逃れようとするが、逮捕者が続出する。

そんな中、ミドルと呼ばれる中堅バンカー、企画部の石井(矢島健一)、北野(役所広司)、片山(椎名桔平)そして広報の松原(中村育ニ)が立ち上がる。ACBを再生させるためには、役員を総退任させ、闇社会との「呪縛」を解く必要があるからだ。
辞める覚悟でやるべきことをやろうよと言い出したのは北野で、4人組に耳を貸したのは中澤専務(石橋蓮司)だった。

海外勤務が長い中山常務(根津甚八)を新頭取に迎え、4人の取締役と4人の弁護士とミドル4人組からなる真相調査委員会が結成される。株主総会での説明責任を果たすためだ。
不正融資に関わったバンカーへのヒヤリングが開始される。
だが元凶と思われる佐々木最高顧問(仲代達矢)は、委員たちに対し非協力的で高圧的だ。総会屋の小田島と懇意だったことを娘婿である北野に指摘され、激怒する。
鍵を握る久山(佐藤慶)は、検察庁での取り調べから本店に戻ったあと自殺する。

病院から愛人の家に帰った佐々木のもとへ、北野が久山の遺書を持って乗り込む。
北野は、佐々木が行った悪事を容赦なく披瀝する。そして抵抗する義父に向かって、最高顧問を辞任するよう勧告する。

マスコミに対し、総会屋がらみの情報誌の講読を打ち切ると中山頭取が発表する。
総会屋の嫌がらせや恐喝がエスカレートする中、株主総会のための入念なリハーサルが行われる。石井が凶弾に倒れる。
株主総会当日、不良債権の回収を積極的に進めていくと頭取が宣言する。総会屋の怒号の中、ACBの膿を出したミドルたちの頑張りを賞賛する一般株主の言葉で、拍手喝采となる。そして何とか闇社会と絶縁する。

ACBスキャンダルを率先して報道してきたブルームバーグ・テレビジョンの女性アンカーである和田(若村麻由美)に、久山の遺書を手渡した北野が別れ際に言う。新しく口座を開くときはACBへ、と。

のちにACB再生に賭ける男たちの戦いを本にした彼女は、序文でこう書く。

「ローマ帝国は、皇帝の側近たちによって滅ぼされた」

   (注釈2)



港町税務署での実績を買われ東京国税局査察部へ栄転となった板倉亮子(宮本信子)は、赴任早々、花村統括官(津川雅彦)と共に、ガサ入れの現場である特殊関係人(2号)宅へ行き、手柄を立てる。
ある日、花村のもとへ権藤商事に関するタレ込みがある。彼女が税務署時代に調査した会社だ。ラブホテルを主に経営する社長の権藤(山崎努)が提出した帳簿には、不審な貸し倒れなどが記載されていたが、脱税を裏付ける証拠も銀行の隠し預金も発見することができない。

内偵の末、10億円以上の所得隠しが判明し、法人税法違反で強制調査に踏み切る。
花村と板倉は、本丸である社長宅を家宅捜査する。権藤の目の動きから本棚に目星を付け、裏に隠された部屋から札束や金の延べ棒を発見する。
そして花村は、しぶとく白を切るメインバンクに駆けつけ、次長ともみ合い、支店長を恫喝する。架空名義の預金は1億8千万円だった。

半年後、権藤と再会した板倉が言う――「査察が入って潰れた会社はない」
観念した権藤は、板倉のハンカチに貸金庫の暗証番号を記す。
   (注釈3)



シネマ・ワンダーランドを始めてちょうど3年が経過した。ご承知のように人気がない。人気ブロガーのように、アカデミックな批評や読者を唸らせる分析をしたり、読者と盛り上がる楽しい感想文を書いたりする代わりに、意味不明なキャッチコピーと小噺と独断と偏見に満ちたネタバレ粗筋を書いたからだ。
うっかり内容のある文章を書けば、たちまち注目され、僕が2度に渡って隠密に内閣総理大臣の首をすげ替えたことが白日のもとにさらされるからだ。

この度、安倍ちゃんとのエピソードを披露したのは、彼が僕と同学年で、若い時分にシラケ世代なんて言われた割には、張り切っているからだ。
僕は彼の政策を全面的に支持しているわけではない。僕は一納税者として彼に、官僚主導の政治体制を是正し、天下りなど日本株式会社が取り込んでいる膿を出してほしいだけだ。まさにアライグマの逆襲だ。
従って、くまモンのアルバイトを譲るわけにはいかない。



注釈1、「オレたちバブル入行組」(著者:池井戸潤)
      初版:2004年

      出版社:文藝春秋
      メディア:文庫

注釈2、「金融腐食列島[呪縛]」(監督:原田眞人)
     日本映画 製作:1999年 英題:Jubaku Spellbound
     原作:高杉良
     キネマ旬報ベストテン日本映画監督賞、脚本賞、助演男優賞(椎名桔平)受賞
   
     メーカー:パイオニアLDC
     メディア:DVD

注釈3、「マルサの女」(脚本、監督:伊丹十三)
     日本映画 製作:1987年 英題:A Taxing Woman
     日本アカデミー賞・最優秀作品賞、主演男優賞、主演女優賞、助演男優賞(津川雅彦)受賞
     キネマ旬報ベストテン第1位、日本映画監督賞、脚本賞、主演女優賞、助演男優賞受賞

     メーカー:東宝
     メディア:Blu−ray

マンハッタン坂本のシネマワンダーランドが気にいった!
そんな方は、一票お願いします→ 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
posted by マンハッタン坂本 at 11:00 | Comment(0) | 映画全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。