INFORMATION INFORMATION

2015年03月08日

「ななつ星」を占拠せよ。

COCORO1.JPG

「ななつ星」を占拠せよ。
introducing「オリエント急行殺人事件」「天国と地獄」

2015年3月某日、松岡修造が解説する錦織圭の試合を録画で観戦中、熊本県警から呼び出された。警察の話だと、午後5時50分、田崎橋電停に到着した熊本市電が私の友人Aによって占拠されたという。
すでに免許失効となった拳銃を持つAとAの恋人は、終点で運転士と車掌だけとなった新型超低床電車「COCORO」に乱入し2人を人質にした。はじめのうち警察の呼びかけに応じなかったが、10時過ぎに突然JR九州に対し、早朝3時58分に熊本駅に到着するクルーズトレイン「ななつ星in九州」から豪華ディナーを運ばせるよう要求した。どうやら人質と交換するつもりらしい。

私の使命は、持ち込んだ4Kハンディカムで立てこもり犯を撮影すると共に、人質を解放するよう説得することだ。
市電開業90周年記念に昨年10月から運行を始めた水戸岡鋭治デザインの「COCORO」は、熊本城の城壁をイメージした濃茶メタリック塗装の外装で、中に乗り込んだ私は運転席に陣取ったAと対峙した。メープル材を使用したボックス席には、Aの恋人と人質が座っている。

「何アピールしたいんだ? YOUTUBEに投稿して」私は、片手で撮影しながらAに向かって言った。
「ムカつくんだよ。まるで富裕層のための『ななつ星』じゃねェか」
「なるほど。一番安い2人部屋でも1泊2日コースで21万円、3泊4日のフルコースなら48万もとられるんだからな」
「『COCORO』は、たった150円の運賃で乗れるんだぞ。しかも後払いだ」
「そういや、あるファッション・デザイナーが言ってたよ。一般の人には高くて買えない服でも、それを誰かが着たり見たりすることで、新しい何かを感じて欲しい。その輪を広げて欲しいって」
「俺は乗り鉄派だ」
「だったら、同じ水戸岡デザインのくま川鉄道『田園シンフォニー』とか肥薩おれんじ鉄道『おれんじ食堂』とか九州新幹線800系で我慢しろよ」
「お前はそこそこ中流だからバカ言えるんだよ。俺は年収200万以下の非正規社員だぞ」
「しかもブラック企業大賞受賞の家電専門店勤めだ」

「いいか、俺らは超・格差社会に引きずり込まれてるんだ。民主主義とは無縁のな。資本主義ってヤツは、過去200年間、所得分配の格差を拡大させてきた。その不平等はこれから先も広がり続ける。『資本収益率は経済成長率を常に上回る』って不等式のもとにな」
「おい、いきなりピケティの『21世紀の資本』かよ。読んだのか?」
「読むわけないだろ! あんな700ページもあるバカ高い本。入門書を飛ばし読みして、池上彰の解説を聞いただけだ」
「で、それが『ななつ星』とどう関係あるんだ?」
「『ななつ星』てのはな、付加価値のついた高級食材と同じなんだ。会社や生産者が生き残るために、富裕層相手にこしらえたものだ。水戸岡さんにしたってホントは自分がデザインした車両に、俺ら貧困層にも乗ってもらいたいと思ってる。でも現実は、富裕層がますます裕福になり、余裕で豪華列車の旅をしてる。貧困層はますます増えるばかりで、ヤツらを恨めしく眺めてる」
「富裕層といや、浮遊しそうでしないのは麻原彰晃とダイオウイカだな」
「イノベーションが俺らを救うと思うか? 最新技術ってのは作業効率も上げるけど、労働者の職も奪うんだ。近い将来『COCORO』が自動操縦になってみろ、運転士はクビだ」Aは運転士を指差しながら言った。「それでもヤツらは最新技術に投資してボロ儲けする。儲けた金はタックスヘイブンで税金逃れするんだ」
「観念するしかないな」

Aはおもむろにプラカードを取り出し、恋人と一緒に声を上げた。
「アイ・アム・ピケティ!」
「意味が違うだろ!」

ハイホー、マンハッタン坂本です。

続きを読む
posted by マンハッタン坂本 at 22:00 | Comment(1) | 映画全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月25日

洗いくまモンの逆襲。

くまモン営業部長.jpg
                                                     「いちおう、公務員です。」

<FB参加記念>アーカイブ・熊本ネタ 人気ナンバー1  (初公開)2013・8・26

洗いくまモンの逆襲。
introducing 「金融腐食列島[呪縛]」「マルサの女」

天守閣の前で、新しいミュージック・ビデオの撮影をやっている最中だった。
熊本県知事の蒲島さんが血相を変えて僕を呼びに来た。僕は仕方なく本丸御殿に戻り、くまモンの着ぐるみを脱ぐと、野菜生活デコポンミックスを飲み干した。すると自分のスマホを手渡しながら知事が言った。「坂本くん、内閣総理大臣が話したいそうだ」

お待たせと僕が言うと、即座に安倍首相が声を上げた。「すぐに東京へ来てもらえないか?」
「何故バレたんだ?」僕は疑いの目で知事を見た。「アルバイトでくまモン演ってるってこと」
「フランス人もモハメド・アリもびっくりというか、切れ味鋭いお茶目な動きを見れば、君だとすぐに判るよ」
「フットワーク軽すぎたかな」
「極めて重大な局面なんだ」悲痛な声で首相が言った。「ボーイング787をチャーターしたよ」
「僕が飛行機恐怖症ってこと忘れたのか!」僕は怒りを押さえて言った。「それにくまモンは九州新幹線全線開業とともに生まれたキャラだぜ。新幹線で行くよ」

僕は自宅に戻ってバッグに着替えをつめ、12時間後に総理執務室の肘掛け椅子に座っていた。
安倍ちゃんはもんモンと悩んで一睡もできなかったようだ。
「予定通り消費税を上げていいかどうか、決断がつかないんだ」
「当たり前だよ。あんたの打ち出した成長戦略だと、くまモン数匹分の経済効果しかないじゃないか。増税した途端に総スカン食うよ、国民から」
「そこで相談だが、くまモンの役を譲ってもらえないか?」
「雲隠れするつもりか! 『チェンジ』のキムタクみたいに」
「お互いにアライグマに似てるし、背丈も血液型も同じだし、半年年下とは言え同学年だし、同じ夢を持ってるだろ、映画監督になるって」
「仁義なきゴッドファーザーなんて撮りたくないね」ウディ・アレン・ファンの僕は反論した。
「着ぐるみで世界中を回る方が楽しいと思うんだ」

「断る」僕は決然と言った。「首相就任直後に助言しただろ。消費税上げるなら、公務員制度改革に着手してからだって」
「忘れたのか? 第1次安倍内閣が挫折した原因。社会保険庁の解体・民営化ができなかったのも、官民人材交流センターが設置できなかったのも、官僚たちのクーデターなんだ」
「やられたら、やり返す。倍返しすればいいじゃないか」
「半沢直樹みたいに?」
「安倍晋三の“倍(べ)”は、倍返しの“倍(べ)”だろ!」

おもむろに僕はバッグから小さな包みを取り出し、手渡した。「ここに来る前にTBSで買って来たんだ」
安倍ちゃんは恐る恐る包みを開けた。「倍返し饅頭?」
「それ食って勇気出せよ。あんたなら必ず改革を成功させるよ、安倍ちゃん」
「そう考えてるのは、君と私だけかも」楽園のリンゴのように饅頭をひとかじりすると、安倍ちゃんが言った。
僕は、彼の肩を叩いて元気づけた。「あんたと、僕と、それに日本国民を忘れちゃいけないね」

ハイホー、マンハッタン坂本です。

続きを読む
posted by マンハッタン坂本 at 11:00 | Comment(0) | 映画全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

教祖様なんていらない。

Lotsa buddhas III
Lotsa buddhas III / jeremydeades


<FB参加記念>アーカイブ・熊本ネタ 人気ナンバー2  (初公開)2011・11・19

教祖様なんていらない。
introducing 「日本の黒い夏-冤罪-」「カナリア」

小学校の通学路をぼーっと歩いていると、「麻原大通り」というバス停が目に入った。
なんじゃこりゃぁあ!と「太陽にほえろ!」の松田優作のように心の中で叫んだ僕は、急ぎポールに近づいた。よく見ると「託麻原(たくまばる)大通り」と書いてある。ほっと胸をなで下ろした。

苗字ランキングによると、麻原姓は全国に約600人おり、滋賀県に多いらしい。
本名でもないのに「麻原彰晃」なんて名乗ってオウム真理教を興した松本智津夫は、地下鉄サリン事件を起こし、首謀者としてしょっ引かれ、麻原姓のイメージを極めて悪くした。600人にとっていい迷惑だ。

他人事ではない。全国に約33万5000人もいるとはいえ、オウムの連中に殺害された弁護士一家は坂本姓である。
何よりも頭にくるのは、ウィキペディアで細かく分類されると、僕と松本智津夫とは1955年3月生まれの熊本県出身の人物にくくられる。
麻原姓の人たちと同じくらい迷惑なデータだ。

言っておくけれど、僕はあいつみたいにデブじゃない!

ハイホー、マンハッタン坂本です。

続きを読む
posted by マンハッタン坂本 at 11:15 | Comment(0) | 映画全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月11日

聖人は挫折しない。

Mother-Teresa-collage
Mother-Teresa-collage / Peta-de-Aztlan


<FB参加記念>アーカイブ・熊本ネタ 人気ナンバー3  (初公開)2012・1・16

聖人は挫折しない。
introducing 「ベン・ハー」「ブラザー・サン シスター・ムーン」

半世紀前、一度だけ養護老人ホームへ慰問に行ったことがある。黒髪幼愛園の園児だった僕は、そのとき下手くそなダンスを披露した。今思えば歌の方がマシだった。僕の叔父さんのヒット曲ですと言って「上を向いて歩こう」を歌えばよかった。
今でもその老人ホームは健在だが、かつてハンセン病救療院だった。

明治26年(1893年)4月3日、第五高等学校の教授たちに誘われて本妙寺へ出かけた英国人宣教師ハンナ・リデル女史は、桜並木の下で初めてハンセン病者を見る。
これらの病者に対し政府が何も支援しない実情を知り、彼女は私財を投じ、明治28年11月に「回春病院」(Resurection of Hope)を創設する。
明治40年に「らい予防法」が発布されたのも、彼女の提言のお陰である――「日本が駆逐艦一隻の費用を転用すれば、この国のハンセン病問題は解決する」

彼女の姪であるエダ・ハンナ・ライト女史は、日本各地で伝道活動をしていたが、病身のリデルを助けるため熊本に移り住む。76歳で叔母が亡くなったあと、病院長として献身的に救護活動を続ける。
戦時中、日英関係が悪化しスパイ嫌疑を受けながら活動するも、ついに病院を解散させられる。賛美歌を合唱する患者たちを涙ながらに見送る。
戦後、亡命先のオーストラリアから戻った彼女は、80歳の誕生日を目前に死期を感じ、ラジオでメッセージを送る――「全国の療養所の皆さん、神様の良い子供となって下さい」

1979年にノーベル平和賞を受賞したマザー・テレサ(Blessed Mother Teresa of Calcutta)も、ハンセン病者のために「平和の村」(Town of Peace)を設立している。

ハイホー、マンハッタン坂本です。

続きを読む
posted by マンハッタン坂本 at 16:00 | Comment(1) | 映画全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月22日

東京に嫉妬する。

東京物語4.jpg

東京に嫉妬する。
introducing 「息子」「東京兄妹」

例えば東京スカイツリーとかリニューアルした東京駅とか、観光マニアでなくても、上京した折りにちらりとのぞいてみたくなる名所が次から次へと出現するからではない。
また、ミーハーな映画マニアがしでかす、お気に入り映画ロケ地めぐりができるからでもない。
何が口惜しいかと言って、東京ほど映画のタイトルにうってつけの地名はないからだ。
試しに各道府県に物語をくっつけてみると、手抜きで買ってくる土産物の名称にしかならないことが分る。

もちろん世界有数の映画監督である小津安二郎が5本も東京が頭につく映画を撮っているせいだし、小津の話なら徹夜でしゃべり続けられる市川準監督も3本の秀作を撮っているせいだ。
しかも「東京物語」へのオマージュであろうとなかろうと、タイトルに東京が入った秀作が実に多い。最近では、ロカルノ国際映画祭でグランプリ審査員特別賞を受賞した「東京公園」がある。
そして極めつきと言うか、山田洋次監督までタイトルに東京を使った。

ハイホー、マンハッタン坂本です。

続きを読む
posted by マンハッタン坂本 at 00:00 | Comment(0) | 映画全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。