INFORMATION INFORMATION

2014年11月25日

みんながリックの店にやってくる。

カサブランカ2.jpg

みんながリックの店にやってくる。
introducing 「THE 有頂天ホテル」「櫻の園」

ファンならご存知だと思うが、映画「カサブランカ」の叩き台となったのは、ブロードウェイに辿り着く途中でぽしゃってしまった舞台劇「みんながリックの店にやってくる」である。
原案でも原作でもなく叩き台という言い方をしたのは、カサブランカというエキゾチックな背景のもとで、主人公のリックがナイトクラブを経営するという設定だけが残ったからだ。
その設定をもとに、シナリオ・ライターのジュリアス&フィリップ・エプスタイン兄弟が映画用の登場人物と事件を思いつき、引き継いだハワード・コッチが彼らのアイデアをサスペンス仕立てにふくらませ、割り込んだマイケル・カーティス監督がロマンス色の強いドラマに仕上げたわけだ。

みんながリックの店にやってくるのは、ある特別な出国ビザの取り引きがあるからだ。
第2次世界大戦の最中、ドイツに支配されたヨーロッパから脱出するには、ポルトガルのリスボンへ行き、自由の国アメリカへ渡航する方法があったが、誰もが直接行けるわけではなかった。
そこで出現したがフランス領モロッコのカサブランカから飛行機でリスボンへ行く亡命ルートで、金かコネか幸運に恵まれた人たちだけが出国ビザを手に入れられた。

ドイツの連絡員を列車の中で殺害して、検問もフリーパスとなるドイツ軍発行の通行証を手に入れたウガーテは、それを売って高飛びするため、リックの店カフェ・アメリカンにやって来、1時間ばかり預かって欲しいと頼み込む。
受け取ったリック(ハンフリー・ボガート)は、サムのピアノの中にそれを隠す。
フランス・ヴィシー政府から任命された警察署長ルイ・ルノー大尉(クロード・レインズ)は、ナチス・ドイツのストラッサー少佐をリックの店に招待し、彼の目の前でウガーテを逮捕する。
世の中には星の数ほど酒場があるのに、よりによってリックの店にやってきたイルザ(イングリット・バーグマン)は、パリの恋人だったリックと再会する。そして一緒に来た反ナチ運動の指導者である夫のヴィクター・ラズロ(ポール・ヘンリード)を出国させるため、通行証を譲ってくれと頼み込む。
にべもなくリックは断るが、土壇場で彼女に「君の瞳に乾杯」と言ってラズロに通行証を手渡す。
   (注釈1)

「カサブランカ」のようなサスペンス映画や冒険活劇では、あるモノをめぐって争奪戦が起こり、それがやたらと人から人へと渡ることがある。
だがコメディや青春映画では、邪魔物のようにたらい回しにされる。

ハイホー、マンハッタン坂本です。

続きを読む
マンハッタン坂本のシネマワンダーランドが気にいった!
そんな方は、一票お願いします→ 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
posted by マンハッタン坂本 at 00:00 | Comment(0) | 映画全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月27日

寄せ集めでも、何かの役に立てばいい。

space junk.jpg

寄せ集めでも、何かの役に立てばいい。
introducing 「アポロ13」「七人の侍」

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(PARTT)のラストで、2015年の未来から空飛ぶタイムマシンとなったデロリアンに乗って1985年の現在に戻ってきたドク(クリストファー・ロイド)は、マーティ(マイケル・J・フォックス)と恋人のジェニファーに向って、君たちの子供が心配だと言って慌しく二人を乗せて未来へ旅立つ。
その際、ミスター・フュージョンという機械に生ゴミを投入するだけで、次元転位装置を稼動させるのに必要な1.21ギガワットの電力を得ることができた。

1985年に旅立つときには、リビアのテロリストから騙し取ったプルトニウムを燃料とした装置を使い、1955年に旅立つときには、ヒルバレー時計台の避雷針に落ちた雷を使ったのに、2015年の未来では、夢のような家庭用発電機が市販されていたのだ。
もちろんこの3部作は、1955年時点でデロリアンが4台も存在するような矛盾だらけのタイムトラベル映画で、2015年真っただ中の現在でも実現不可能な絵空事だ。
  (注釈1)

しかしながら、莫大な電力を得るために必要な燃料がどこにでもある生ゴミや空き缶で事足りるミスター・フュージョンというエネルギー反応炉は、究極の発電機であり、究極のリサイクル装置である。これを「ものづくり」に置き換えるなら、究極のブリコラージュということになる。
「器用仕事」「寄せ集め細工」と訳される「ブリコラージュ」(Bricolage)とは、ありあわせの道具と材料とを用いて入り用の物を作ることである。

ハイホー、マンハッタン坂本です。

続きを読む
posted by マンハッタン坂本 at 00:00 | Comment(0) | 映画全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月29日

「リケジョの星」と呼ばれて。

小保方晴子5.jpg

 自選パロディ集サード・シーズン PARTV

「リケジョの星」と呼ばれて。 (新作)
 introducing 「キュリー夫人」「ダークレディと呼ばれて」

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」が7月にオープンして以来、大人気である。
企画・製作を担当した久利生(くりゅう)万里さんに取材を試みた。彼女はアラフォーとは思えないプレミアム・シルク肌で、かっぽう着を連想させるワンピがユニークだ。だが左薬指には、妖精のような青い光が輝いている。ヴィヴィアン・ウエストウッドのリングだろうか。

――年末に向けて、新アトラクションがオープンするそうですね。
久利生 ゲストの皆さんにハーマイオニーに成り切って体験していただきます、女子力アップのために。名づけて、「STAP細胞はあります」ザ・ライド!
――意表をつくタイトルですね。
久利生 実は私、早稲田大学の理工学部卒業なんです。
――小保方晴子さんの先輩ですか?
久利生 はい。逆境のオボちゃんを応援するために企画したんです。
――内容を教えて下さい。
久利生 ざっくり言うと、STAP論文の共著者が8人いますよね。なのでゲストの皆さんに8人一組になってホウキにライドしてもらい、ホグワーツ城を出発します。最初は「ムーミン」のイラストが描かれた理研の研究室に突入します。そこでマウスの体細胞に対して、細いガラス管の中に通す物理的ダメージを与えたり、毒素で細胞膜に穴をあけたり、ヒートショックを与えたりする。そして最後に呪文を唱えながらハーマイオニーの魔法の杖から光を出します。するとたちどころにSTAP細胞ができるわけです。
でも8人の呪文がハモってなかったり、誰か一人でも間違えれば、失敗です。しかもペナルティが課せられます。
――でっち上げだと非難されるんですか?
久利生 8人の額にお札が貼りつきます。まるでキョンシーの動きを封じるみたいに。そしてそのお札に漢文で、「過去何百年にわたる細胞生物学の歴史を愚弄(ぐろう)するな」
――理研の研究室をクリアしたあとは?
久利生 次はハーバード大学の研究室です。その次はソルボンヌ大学。研究室が変わる度に、より高等な哺乳類にトライしていき、呪文が難しく憶えにくくなります。そして最後に人類と対峙します。
――どんな呪文を唱えるんですか? 
久利生 ヒトの体細胞に向かって、「スブタツクリモリモリクツタブス!」
――はあ? ……確かに憶えにくいですね。コツってあるんですか?
久利生 「あるよ」
――教えて下さい。
久利生 「酢豚つくり、モリモリ食ったブス」、回文ですよ。
――ところで久利生さんは、かの有名な型破りな検事・久利生公平とご親戚ですか?
久利生 まさか。架空の人物と親戚なら、私も架空の人物じゃないですか。「くりゅう・まり」はいます。

ハイホー、マンハッタン坂本です。

続きを読む
posted by マンハッタン坂本 at 00:00 | Comment(0) | 映画全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月16日

「お・も・て・な・し」の心にウソはない。

クリステル滝川.jpg

 自選パロディ集サード・シーズン PARTU

「お・も・て・な・し」の心にウソはない。
 introducing 「バロン」「ユージュアル・サスペクツ」

ワールドカップでサムライ・ブルーが勝利する瞬間を見るためなら分るけれど、無愛想なIOC会長がトキオ!と口走る瞬間を見るために、多くの日本人が明け方までTVにかじりつくなんて前代未聞だった。
そしてその瞬間から約21時間後、2020東京オリンピックの実施競技としてレスリングが生き残った。

僕は近所に住む小学5年生のAくんを訪ねた。彼は全国少年少女レスリング選手権で3年連続優勝しており、今年7月に行われた大会では、対戦相手に1ポイントも奪われなかった猛者だ。
2020年に向けてさぞかし闘志を燃やしているだろうと思いきや、えらく神妙な顔をしている。
「よかったなあ。あと7年頑張ればオリンピック選手だ。嬉しくないの?」僕は陽気に尋ねた。
「総理大臣って、ウソをついてるの?」しばらく黙っていた彼がやっと口を開いた。
「どうしてそう思うんだい?」
「だって、『状況はコントロールされており、東京にダメージは与えない』とか『汚染水の影響は、原発の港湾内の0.3平方キロメートルの範囲内で完全にブロックされている』なんて言ってるけど、そんなのウソでしょ?」

「ウソじゃないよ。総理大臣はそう信じてるんだ」
「東電は『完全に遮断できているわけではない』とか言ってるよ」
「東電こそウソつきなんだ。今まで本当のこと言ったことないだろ。信用できるのは、亡くなった吉田所長だけだ。僕と同学年の」
「でも朝日には、『高濃度の汚染水をためていたタンクから300トンが漏れた事故では、近くの排水溝を通ってそのまま外洋へ流れ出した可能性がある』とか書いてるよ。やっぱりウソじゃないか」
「確かにその可能性はあるけど」僕はAくんの顔をまじまじと見た。「朝日新聞なんか読むの?」
「60人のIOC委員は、どうしてそのウソに気づかなかったの?」
「世界中が注目してるIOC総会の最終プレゼンテーションで、日本の総理大臣がウソをつくわけがない、と思ってるからさ」
「IOC委員って間抜けばっかしなの?」

「そうじゃないよ」僕は話の矛先を変えた。「滝川クリステルがフランス語で言ってただろ。『お・も・て・な・し』って。日本人が揃っておもてなしの心を持ってるなら、総理大臣だって持ってるわけだ。おもてなしの心を持ってるからこそ、『今までも、現在も、将来も、まったく問題ない』と約束したんだよ」
「じゃあ、僕らがおもてなしの心を持ってさえいれば、外人さんに対して『ウソも方便』ってことなの?」
「そうじゃないよ」仕方ないので、僕は彼に歩み寄ることにした。「つまり総理大臣は、責任をもって東京を安全にすると国際公約したようなものなんだよ。だから言葉通りやってくれるよ」
「7年も経てば総理大臣じゃなくなるんでしょ? そんな人の約束なんかウソに決まってるよ」

「もっと楽しく考えないかな。君だって映画を見るだろ。普段の生活で嫌なことがあっても、映画を見ると楽しくなるだろ。映画の大半がエンターテインメントだからだよ。スクリーンの上で『お・も・て・な・し』をやることがエンターテインメントなんだ」
「以前言ってたじゃない? エンターテインメントって、気持ちよくだますことだって?」
「そうだよ」
「だったら映画なんて全編ウソ八百じゃない? 同じ意味でしょ? 口から出まかせと」
僕はやけになって言った。「口から出まかせでも、おもてなしの心があればいいんだよ。おもてなしの心がありさえすれば、60人のIOC委員は信じてくれるんだ。解るだろ?」
「解んないよ」
「まあいいさ。解んないのはウザいガキだけだ。大人はみんな解ってるんだから」僕はイライラしながら独り言を言った。「まったく、ウソだウソだと抜かしやがって。何で黙ってレスリングに専念できないんだ」

ハイホー、マンハッタン坂本です。


続きを読む
posted by マンハッタン坂本 at 00:00 | Comment(0) | 映画全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月08日

“東方のハリウッド”売ります。

青島東方影都3.jpg
                                                            「青島東方影都」

 自選パロディ集サード・シーズン PARTT

“東方のハリウッド”売ります。
 introducing 「紅いコーリャン」「鬼が来た!」

2020年、大成功に終わった東京オリンピックの熱狂が冷めやらぬ或る日、ジョン・フィリップスとおぼしき高級スーツに身を包んだ中国人がオフィス北野を訪ねた。
出迎えたのは映画監督の北野武である。
「王健林さん! 突然どうしたんです?」
王健林は、中国一の大富豪で、不動産開発大手の大連万達集団(Wanda Group)を率いる会長である。
「開会式のアトラクション、素晴らしかったよ」
「北京を演出したチャン・イーモウ監督の物真似ですよ。もっとも花火(HANA-BI)は本物を使ったけど」
「突然だが、君の力を貸してもらえないかな。謝礼はたっぷりする。『アウトレイジ5』が大コケしてかなりの借金があるだろ」
「面目ない」
「どうかな? 私が8000億円で建設した『東方影都(オリエンタル・ムービー・メトロポリス)』を、尖閣諸島と交換できないかな? 日本政府に働きかけて欲しいんだ」
「正気ですか?」あ然として北野武が言った。

『東方影都』は、20の撮影スタジオを備え、外国映画30本を含む年間100本の映画製作を想定して建設された。定員3000人の大型映画館やショッピングセンター、7つのホテルも併設され、2016年にオープンしていた。
「じゃあ、20億5000万円で手に入れた魚釣島だけでもいい。面積は確か382ヘクタールだから、376ヘクタールの『東方影都』とほぼ同じ大きさだ。等価交換だと言っていい」
「ふざけるんじゃねえよ、王さん」まるで「アウトレイジ」の大友のように北野武が睨みをきかせた。
「白状するよ。本音は『東方影都』を買ってくれるだけでいい。東京オリンピック景気で、ジャパン・マネーは天井知らずだ」
「冗談じゃない。北京を中心とした大気汚染は蔓延するばかりじゃないか。高濃度のPM2.5とか黄砂が溶け込んだ有害な大気エアロゾルから、どうやって防ぐんだ?」
「それだよ。何とか解決できると思ってたんだが、習近平には荷が重かった。2億円で起工式に呼んだレオナルド・ディカプリオもニコール・キッドマンも、オープン以来4年も経ってるのに、まるで撮影所に寄りつこうとしない」
「ゴーストタウンになるのも時間の問題だな」
「その点、公約通り日本政府は福島第一原発の汚染水問題を解決した。どうだね、地中を凍らす技術を応用して、今度は地上の大気を凍らして『東方影都』を守るってのは」
「無理だね」北野武は冷ややかに言い放った。

「まさか見捨てるつもりじゃないだろ?『東方影都』は山東省の青島(チンタオ)にあるんだぞ」そう言って王はアタッシュケースの中から青島ビールを取り出した。「かつて青島は、世界大戦中2度に渡って日本軍が占領した。青島攻略戦で当時租借してたドイツ帝国に勝利して、1914年から中国に返還する1922年まで。中国人民抗日战争つまり日中戦争では、1938年から終戦の1945年まで。日本人にとって青島は、満州と同じくらい馴染みのあるところだ」
「謝礼はいくら出す?」青島ビールを飲みながら北野武が訊ねた。
「まず借金の肩代わりだ。オプションは、私が買収したAMCエンターテインメントが所有する全米シネコンで、君の新作をかけようじゃないか」
「オイラの映画はアメリカ人向きじゃない。ついでに言うけど、中国人にも受けない。この取引は中止だ」
「残念だな」王は気持を切り替えた。「次は、村上春樹に当たってみるか」
「金じゃ動かないぜ、あいつは」
「心配ご無用。これをプレゼントすれば一発でOKだ」王は上着のポケットから何やら立派なメダルを取り出した。
「2012年度ノーベル文学賞?」
「莫言(ばくげん)から分捕ってきた。彼は山東省出身なんだ」

ハイホー、マンハッタン坂本です。

続きを読む
posted by マンハッタン坂本 at 00:00 | Comment(0) | 映画全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。